乾燥肌に最適な化粧水のつけ方とは

乾燥肌の方の中には、化粧水のつけ方が間違っている人も多いのですが、どういうことでしょうか?

アルケミーのお試しセットを使う際にももしそれに気がついていれば効果も変わってくるかもしれません。できれば効果が上がったほうが嬉しいヽ(・∀・)ノ

 

化粧水というと、お風呂などから上がって肌に手でパシャパシャ付けるのが普通です。
普通肌(ノーマル肌)の方は、これでも良いのですが、乾燥肌の方はちょっと違います。

 

手で化粧水を付けるなら、適量を手の平にのせて、しばらく体温で温めてください。
こうする事で冬場など冷たい化粧水が温まり、肌にのせた際に浸透しやすくなるのです。
体温で温める事で毛穴が縮まる事も無く肌にスッとなじむのです。

 

化粧水を付ける順番

化粧水を付けるのは、まず、一番乾燥しやすいほほで、つぎにおでこや鼻などのTゾーンとなります。

最後に手の平で化粧水をつけた場所を温めるようにすると浸透力がアップしやすいです。

 

乾燥肌の人で化粧水を付ける時に、コットンを使われる方もいるのではないでしょうか?
コットンに化粧水を含ませる時は、少なくなりすぎないように注意してください。
コットンの裏側までしっかり化粧水が届いていればOKです。

 

コットンで化粧水を付ける時は、手の平で付ける時とは逆に、鼻から外側に付けていくと良いです。
また、コットンで肌を強くこすると乾燥肌には良くないので、優しく載せる程度にしてください。

 

お風呂上りなど5分以内に化粧水を付けた方が良いので気を付けましょう。
一度に化粧水を付けるのではなく、何度かに分けて付けると更に効果的ですので試してみてください。

 

 

アルケミーお試しトライアルセットで溢れる潤いを体験!トップページへ戻る