乾燥肌からくるトラブル

乾燥肌の人って皮脂の分泌がたりなかったり角質層の水分量も普通の人より少ないから

お肌のトラブルを起こしやすいとよく言われます。
私も乾燥肌なのですが、一度化粧品売り場で水分量を量ったらかなり少なかったんです。

 

カサつくことが原因で赤ら顔になったり、肌荒れがひどいとなかなか治らずに黒ずんできたり。
ですので乾燥を防ぐことに気配りが大切ですね。
家の中では加湿器を置くなど、スキンケア以外でも気をつけるべきです。

 

また、毛細血管の血行をよくすることも乾燥肌には効果があるそう。

 

新陳代謝を向上させ、血行をよくするためには食事にも気をつけるべきです。
スキンケアだけに慎重になるのではなく、
食品についての見直しも大きな課題となると思います。

 

乾燥肌に良い栄養素を積極的に取ろう

乾燥肌に良いと言われる栄養素はいろいろありますが、

特にビタミンA・Cやセラミド、亜鉛など積極的に摂取することで、
お顔の保湿だけでなく体全体の保湿にも効果があります。

 

乾燥していると皮膚が炎症を起こして痒くなり、
我慢できずに掻きむしって結局肌荒れがもっとひどくなり、
皮膚科を受診・・・・なんてこともありますので、
美容と健康のために乾燥を防ぐ食品を食生活のなかに取り入れましょう。

 

ビタミン類ですと、Aならばレバーや卵。食黄色野菜などに多く含まれています。
またCはみなさんも馴染みのある成分ですので良くご存知のレモンなどですね。
レモンなら紅茶に入れたり、夕飯のメニューにも調味料として手軽に使えそうですね。

 

それからセラミドというのは最近化粧品にも成分として含まれているものがあります。

でも実は食品にも含まれていて、こんにゃくや大豆や黒豆、ひじきなどに多く含まれています。

 

乾燥からお肌を守るために自分に合った保湿化粧品を探すことが大切なように、
口から摂取する食品についても以上のようなものを効果的に召し上がることが、
美容のためにもいいようです。

 

どれも身近な食材で今日にでも食卓に出すことが出来るものばかり。

積極的に取り入れることが肝心ですね。

久しぶりにひじきの煮物でも作ってみようかなと思っている私です。